LIST of BRANDS

  • ナガイレーベン
  • カゼンロゴマーク
  • モンブラン
  • ワコール
  • フォーク
  • ル・コック
  • オンワード
  • ミズノチトセ
  • アシックス
  • 富士ゴムナース
  • マリアンヌ製靴

特集ページ

紫外線のウソ?ホント!【基本編】

Q1.紫外線には3つの種類がある?

紫外線には波長の長い方からA.B.Cの3つに分けられます。波長が短いほど体への影響が強いのですが、UV-CとUV-Bの一部は大気のオゾン層に吸収され、地表に届くのはUV-AとUV-Bの一部です。肌を黒くするUV-Bは夏に多く、しみなどの原因になるUV-Aは春にとくに多いので、UVケアは春先から気を付けたいですね。
⇒UVカット商品はコチラ


Q2.紫外線は、健康にいい?

× 1998年、母子健康手帳から「日光浴」の記述が削除され、「外気浴」に変わりました。理由は、ビタミンDを生成するのに大量の紫外線が必要とされていたのが、必要なビタミン量は1日中数分の日光浴で生成可能であり、食品からも取れることが分かってきたため。それよりも日焼けや光老化(シミ、シワなど)といった紫外線の害の方が心配とされての事のようです。
⇒UVカット商品はコチラ


Q3.日傘をさしたら日焼けしない?

× 残念ながら日焼けはします。紫外線の約60%は散乱光(空気中の微粒子にあたって四方八方に散乱して届く光)、またアスファルトなどからの反射光もあります。たとえ直射光は遮られたとしても、日傘の中に入ってくる紫外線は避けようがないのです。
⇒UVカット商品はコチラ


Q4.紫外線量は、太陽の位置によって異なる?

紫外線は太陽が最も高い位置に来た時(南中時)に最も強くなります。そのほとんどがオゾン層で吸収される紫外線は、太陽の位置が高い時間や夏は、オゾン層を垂直(=短距離)に、位置の低い時間や冬は斜め(=長距離)に通過することになります。ちなみに冬の紫外線量は、夏の約半分。また、午前10時から午後2時の約4時間で、1日の紫外線照射量の約60%を占めます。
⇒UVカット商品はコチラ


Q5.日焼けのほてりが治まったら、紫外線ダメージは治まる?

× 日焼けには紫外線に当たって数時間で赤くひりひりした炎症を起こすサンバーン(すぐに赤くなる日焼け)と、皮膚の内部まで浸透してメラニン色素を増殖させ皮膚を黒くするサンタン(後で黒くなる日焼け)があります。サンバーンは2、3日で消えていきますが、サンタンは数週間から数カ月続きます。サンバーンによるほてりが治まっても、サンタンによる紫外線ダメージは続いているのです。ほてりを感じなくなっても、UVスキンケアは念入りに。
⇒UVカット商品はコチラ


Q6.気象庁は毎日、紫外線情報を発表している?

オゾン層の破壊にともなって年々有害紫外線が増加。これにより免疫力の低下や皮膚がん、白内障といった健康被害の恐れが高まった状況を受けて2005年より気象庁は紫外線予測の発表を始めました。有害紫外線指数(UVインデックス)として毎日HPで公表されています。
⇒UVカット商品はコチラ


Q7.1番紫外線が強い国は、オーストラリア?

南半球は北半球よりも紫外線が強く、なかでも大陸上空のオゾン層が薄かったり、穴があいたりしていることから、オーストラリアが世界で最も紫外線が強い国と言われています。皮膚がんの発生率が世界一であるオーストラリアでは1980年代から国を挙げて紫外線予防に力を注いでいるそうです。
⇒UVカット商品はコチラ


Q8.オゾン層がなくなると生物は消滅する?

オゾン層は宇宙からの有害なエックス線や紫外線を防ぐバリアの役割を果たしています。なので、オゾン層が全くなくなると生物は生きていくことはできません。オゾンホールの拡大などオゾン層の破壊が、大きな環境問題となっているのはそのためなのです。
⇒UVカット商品はコチラ

  • 会員登録をするとお買い上げ金額の1%ポイント還元  
  • ネーム刺繍 ネーム/ロゴ/マークetc

商品カテゴリ

白衣netカレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷のみ停止

ページトップへ